歯医者の正しい通い方とは?

「歯の痛みや口の中に不調を感じたら行くのが歯医者」という思いが心のどこかにありませんか?だとしたら、それは大きな誤解です。体にメンテナンスが必要なように、歯にもメンテナンスが必要となります。しかし、口の中を自分だけでしっかり管理するのは、なかなか難しいものです。だから、歯の好不調にかかわらず、定期的に歯科に通うのが正解だといえます。歯科医は歯の状態を良好に保ってくれるプロフェッショナルなのです。近年の健康に対する意識の高まりや高齢化に伴う社会保障費の増加などから、歯科の目的は治療から予防へとシフトしています。つまり予防歯科は、時代のニュースタンダードになりつつあるのです。

予約の際は、何て言えばいいの?

歯の痛みや歯茎の腫れなどの症状がない場合、歯科に何と言って予約すれば良いのか迷ってしまいますよね。そういう場合は「歯のクリーニングをお願いします」や「久しぶりなので、口の中を診てほしいです」などと伝えましょう。そうすれば、磨きグセや噛みグセによって生じてしまう磨き残しや、普段の歯磨きでは落とせない部分の汚れを除去してもらえます。場合によっては、専門の器具や薬剤を使ったケアが行われることもあります。いずれにしても、予防歯科に取り組むことで、虫歯や歯周病の早期発見につながります。一度予防歯科に通うと、適切なメンテナンスのタイミングを教えてもらえるので、それに合わせて次回以降の予約をすれば安心です。年齢や環境によって必要なケアはそれぞれですので、まずは一度、歯科で相談してみることをおすすめします。

根管治療とは、歯の根っこの部分の治療のことで歯内治療とも呼ばれています。歯髄が炎症を起こした時に必要な治療で、再度の感染を防ぎます。