悩みになってしまうニキビ

忙しくて生活習慣が乱れている、ストレスがたまっているなどの生活をしていると、どうしても肌トラブルを起こしやすくなってしまいます。
その一つが、何度も繰り返すニキビで悩んでいる人は多くいます。

ニキビの原因について

ニキビには思春期ニキビと大人ニキビの二種類があります。発生原因はそれぞれ異なり、思春期は成長ホルモンによって皮脂分泌が多くなるため起こり、大人ニキビはストレスや睡眠、食生活の乱れなどでホルモンバランスの乱れが多くなることによって皮脂分泌が多くなるため起こります。
この皮脂や古い角質などが毛穴に詰まることによって皮膚の雑菌が繁殖して炎症を起こし、ニキビとなってしまうのです。ひどい場合には肌の奥まで傷つけてしまい、にきび跡になってしまいます。
このような状態にならないためにも、しっかりニキビ対策をして改善していくことが大切です。

自分でできる対策方法

思春期ニキビと大人ニキビのできる原因は異なりますが、ニキビ対策の方法は基本的には同じです。
自分ができるケアとしては、まず睡眠や栄養などを考えて生活習慣を見直していきます。ストレスの解消もしっかり行うことによってホルモンバランスを整えていくことで、肌のターンオーバーも整います。
その上で、なるべく低刺激の洗顔料で顔を洗うようにし、クレンジング剤もなるべく洗浄力の弱い低刺激タイプを選びます。
スキンケアをするときには、余計な油分は避けて保湿効果の高い化粧水と美容液、油分が少ない乳液やクリームでケアしていくと効果的です。

ニキビとは皮脂などで毛穴が詰まってアクネ菌が生まれ、炎症を起こしてしまった肌の状態のことを指します。