そもそもニキビはなんでできるの?

ニキビは毛穴の入り口が詰まってしまうことが原因で起こります。皮脂の分泌が盛んになって、詰まった皮脂が酸化して、毛穴の常在菌であるアクネ菌が増殖していくことで炎症が悪化していきます。ニキビには思春期ニキビと大人ニキビの2種類があり、思春期ニキビはホルモンの影響で皮脂の分泌が過剰になることが原因で、主にTゾーンにできます。大人ニキビも同じくホルモンのバランスが関係しますが、ストレスや疲れなどが原因の場合が多く、男性のひげが濃い部分にできやすいです。

ニキビ跡を治すためには

ニキビが治っても、跡が消えずに赤く残ってしまうことってありますよね。赤くなってしまうのは、ニキビのダメージを治そうとして毛細血管が作られて、結果的に血液が増えるためと考えられています。しかし、この跡は比較的軽度なので、肌のターンオーバーとともにだんだんと薄くなっていきます。赤いニキビ跡を治すためには、ビタミンC誘導体や抗炎症成分が入っている化粧品を使うことが効果的です。ビタミンC誘導体とはビタミンCが肌に吸収されるように形を変えたもので、アンチエイジングやニキビの炎症を抑えるといった効果が期待できます。

また、シミになってしまったニキビ跡はどのようにすればいいのでしょうか。ニキビにより肌がダメージを受けると、メラニンが生成されてシミのように色素沈着が起こってしまいます。これは日焼けすることによってさらに悪化してしまうので、まずは日焼け対策が肝心です。このニキビ跡を治すためには、美白成分の配合された化粧品をを使いましょう。美白成分がメラニン色素を作る過程に働きます。もうできてしまっている色素沈着にはピーリングが効果的です。

ニキビが治っても残るニキビ跡は、赤い場合はいずれ自然に治ることがほとんどです。しかしクレーターになってしまった場合は自然に治ることはあまり期待できません。