インプラントはまるで自分の歯!硬いものも楽に噛める

インプラントとは、歯を失った顎の骨に体になじみやすい人工の歯根を埋め込み、そこにセラミックなどで作った人工の歯を装着することです。インプラント治療をすると、自分の歯と同じような咀嚼運動を取り戻せます。入れ歯やブリッジでは違和感や異物感がありますが、インプラントではそれが解消され、しっかりとものを噛むことができます。たとえば入れ歯では、プラスチックや金属の床、歯に引っ掛ける止め金が必要なため、口腔内に違和感が生じます。その点インプラントは固定されるので違和感がなく、自分の歯と同じような感覚で使え、固いものでも咀嚼が楽になります。

インプラントのメリットは?

インプラントは、自分の歯のようによく噛めるというメリットのほか、残った歯や組織を傷めたり、周りの歯に負担をかけたりすることがないというメリットがあります。噛むことで骨が活性化され、顎の骨の吸収を防ぐことが可能です。またインプラントは仕上がりや見た目がとても自然で、入れ歯のように外れることもありません。さらに人工歯根にはチタンが使われるため、骨と直接結合しやすくなるとともに、金属アレルギーを起こしにくいという性質があります。

インプラントにもデメリットがある

一方、インプラントにもデメリットがあります。インプラントは入れ歯やブリッジとは異なり、手術が必要です。また顎骨の骨量や骨質の硬さや柔らかさにより影響を受けること、治療期間が長くかかることがデメリットです。さらにインプラントの治療費は原則、自費であり、保険適用がありません。インプラントの治療にはCT検査や臨床検査、手術費などが必要となりますので、費用を十分に確認したうえで治療を受けることが大切になります。

杉並区で行うインプラント治療を考えているなら、技術の信頼度が高いので最適です。費用に関する不安がある場合は、カウンセリングを受ける時に詳しい説明を求めましょう。