審美歯科でできること-その1

しっかり噛める歯は健康に生きる為に大変大切なものですよね。でも健全な歯には噛む以外にもう1つの役割があります。それは印象を良くすることです。笑顔が素敵な人の口元は白い歯がキレイに並んでいるものです。誰でも美しい口元には憧れを持っています。審美歯科では美しくなりたいと願う人の為に「白い歯」「整った歯並び」にする治療を行ってくれます。審美歯科で行う治療で最も代表的なものは、ホワイトニングです。これは食物や飲み物で着色した歯を白くする治療です。治療方法は、表面を削らずにホワイトニング剤を歯に塗って白くします。

審美歯科でできること-その2

審美歯科ではホワイトニング他にもできることはあります。まずオールセラミッククラウンです。虫歯を治す時に、削った歯に被せるクラウンをセラミックにします。保険が適用される虫歯治療では、銀歯などの金属やレジンというプラスチックのクラウンが主流です。でもこれは見た目の印象が悪かったり、時間と共に劣化や変色することが欠点です。セラミックの場合はこのような欠点はなく自然な白い歯になります。

次にラミネートベニアです。これは前歯を白くしたり、歯並びを整える為に行う治療です。方法は表面を削り、薄いセラミックを貼り付けます。この治療によって白く美しい自然な前歯になります。もう1つはメタルボンドです。これは虫歯治療で使用するクラウンですが、表面にセラミックの付いた金属フレームでできています。虫歯を大きく削った場合はクラウンの土台になる歯が小さくなり強度が弱くなるのが難点でした。しかし金属を使用したこのクラウンは耐久力もあり、表面はセラミックの為見た目も自然です。

セレックとは、歯の修復物を作る方法の一つで、型取りを3Dカメラで行います。パソコンにデータを転送し、調整したあとは、修復物の素材となるセラミックを削り出す装置を使い、歯の修復物を完成させます。